スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

PandoraHearts 23巻、24巻

2015年07月04日
月曜になったら、現実を見るしかなかった。
これは正直、落ち着いた。とは言わないよねぇ~?



PandoraHearts (23) (Gファンタジーコミックス)



PandoraHearts (24)(完) (Gファンタジーコミックス)


なんてぼやきつつ、読み返せばやっぱり熱がぶり返す!(笑)。
とにかく最初に言うべきは……望月先生、本当にお疲れ様でしたっ!

まずは24巻の分厚さに驚いて。
だってファンブックよりも、分厚かった。がっつり一気読みだったけど!
ラストが、ラストがぁ~っ!!
ヴィンセントの表情と仕草に、あぁもうお前良かったなぁ……。だし、
ギルバートは本当に素敵なお兄ちゃんだし。
というか、吹っ切った後のギルはカッコよさ3割増しだったと思う。
良い兄であり、仲間であり理解者であり。
そして時に支えられ、支えたオズの、先を知ってなお揺るがない決断。
彼の言葉、表情の1つ1つに成長と切なさを覚えて……。
だからこそ閉幕を近くに感じて、同時にちょっとばかり寂しくもあったけど。
特にエコーとの一幕が……彼女の笑顔と、ローブを、の流れがもうね、うん。
そんな23巻は「愛じゃ!」(©バルマ公。)が頭をよぎって仕方なかった。(笑)
戦う力を持っていないエイダの強さが、たまらなかったです!
愛の形は1つじゃない。彼にとって誰より傍にいる存在になったんだろうなぁ……。
存在と言って忘れちゃいけないのが、エリオットだと思う。
本当に大好きだ!……という個人的感想は置いておいて、彼の存在は大きかった。
リーオの「半殺しじゃすまないよ」が語ってたね。
彼も前を見据えられて良かった。
オズとの胸倉掴みが友情の象徴に見えて……3人のやり取りもっと見たかったな。

……とまぁ、極力ネタバレ避けつつ、がぁ~っと書いてみたけど……既に長い!
だから、正直まだまだ語りつくせないけど、今日はこの辺で勘弁してやろう。←
言いたいのはあれだよ、素晴らしいんだよ。大好きなんだよ、読んでみて!
むしろ一緒に語ろう!……的な。(笑)

スポンサーサイト
マンガ・アニメ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。